避妊指輪の避妊成功率・価格・反動に関して

避妊の一つの種類に避妊指輪があります。
夫人センターの避妊方策だ。旦那任せのコンドームとは違い自分で管理して予期せぬ受胎を防ぎます。

 

避妊比、料金、泣き所はどういうものなのでしょうか。

 

避妊指輪の避妊が出来る事由や機構について

 

夫人の体内に装着する避妊指輪を通じて、性交後に放出された精子が活発に活動する事を抑えたり、受精卵が子宮間膜に着フロアーを防ぐ効果を発揮する事によって妊娠する事を防ぐ機構になっています。

 

子宮内に採用見込める避妊指輪の種類は2種類有り、黄体ホルモンを子宮の中にゲットチックに放出するIUSといった子宮間の情況を変えて受精卵の着フロアーを防ぐ効果を発揮するIDSが有ります。

 

IUDには銅や薬剤が密着されている群れも存在してあり、銅密着クラスは、銅イオンの勤めにて精子を子宮内に同行する成果、薬剤密着クラスは、黄体ホルモンの勤めを通じて子宮粘膜を薄くする成果が有ります。IUSかIUDの採用の違いにて月の物が少なくなったり多くなったり講じる事態が発生します。

 

避妊指輪の避妊比

 

避妊指輪は初めて装着すれば長期的に避妊効果があります。
避妊指輪には何だかんだ顔ぶれがありますので一つ一つ見てきましょう。

 

昔クラス(FD-1)

 

昔クラス(FD-1)は、内に留置することにより受精卵の着フロアーを防ぐプラスティック製の避妊指輪で、採用スパンは2〜3年で避妊比は約95パーセントだ。

 

銅添加クラス

 

銅添加クラスは中央棒に銅線を巻きつけて銅イオンの表現により避妊成果を高めた避妊指輪で、採用スパンは約5時期で避妊比は昔クラスより高くなり97パーセント〜98パーセントだ。

薬剤添加クラス(ミレーナ)

 

薬剤添加クラス(ミレーナ)は黄体ホルモン剤が添加された避妊指輪で、採用スパンは約5時期で避妊比は銅添加クラスから再度高くなり99.8パーセント〜99.9パーセントだ。

 

薬剤添加クラス(ミレーナ)は、子宮内にのみ黄体ホルモンが作用して、子宮間膜の訓練を抑制します。なので、月の物の出血を少なくしたり、月の物痛も軽くすることができます。

 

避妊指輪の料金

 

避妊指輪はIUDやIUSという呼ばれ方もしますが、指輪は産婦人科をめぐって装着して買う必要があり、採用時間は方法等も含めて10分け前から20分け前間近かかり、1度の採用で2時期から5時期持ちます。

 

装着する機会痛みを感じるというそれぞれもいるようですが、装着してしまえばアッという間にその成果が現れます。料金はリバティー受診なので保険は適用されませんので、その料金は病院を通じてまちまちです。一般的に7万円から8万円間近かかります。

 

避妊指輪は痛いの?

 

避妊指輪を装着するときの痛苦に関しては、基本的に子宮をちょこっと張り付けるようになっているのでその部分でつらいと感じる人が多いようです。

 

ですが採用そのものは一瞬で完了するので本当にきついと感じる時間はそこまで長くなく、人によってはそこまで痛みを感じないに関してもあります。

 

また避妊指輪の採用後はトラブルが起きなければ厳しいと感じることは僅か結果、日々にも中でも支障をきたすことは僅かと言われています。

 

避妊指輪の泣き所・反応

 

避妊指輪を装着するという反応が起きる事があります。

 

腹痛、痛み、おりという、月の物過剰などです。

 

泣き所としては病院に受診して入れて貰う存在なのでトラブルが起こればやはり病院に行かなければならず面倒な状況もあります。

 

骨盤間炎症、子宮外部受胎が起きる事もあるので急に腹痛や出血などがあればあっという間に病院診察ください。

 

やっと高い金額を払って装着しても逸れてしまう事もあるので、気を付けなければなりません。

 

避妊指輪は過去に子宮外部受胎した事が残るユーザー、月の物過剰、陰茎感染症、銅アレルギーがあれば適しません。